薬局薬剤師の地域医療

薬局薬剤師の地域医療

薬局薬剤師は、調剤する事で患者さんの健康をアシストする事、または市販薬などの販売でお客さんの健康のアシストをする事から、地域医療に貢献すると言われています。どの薬局でも地域医療を目指した薬局を心がけています。薬の仕入れや市販薬の仕入れなどは、流行のある薬にアンテナを張り、お客さんのニーズに答えられるようにします。これも地域医療の一貫です。

また薬局はここ近年で急激に伸びたと言われていて、今は薬剤師不足もあるので求人も多いですが、そのうち減る一方だと懸念されています。しかし薬局薬剤師はこれからさらに地域医療として新たな取り組みを掲げている所が多くなっています。

薬局として取り組んでいる所もあれば、NPO法人として取り組んでいる所もあります。その背景には医療法改正により、薬局が「医療提供施設」位置づけされる事になった事が大きいです。地域医療チームの一員として、やれること、やるべきことが増えてきているのです。取り組んでいる事、実際にやっている事は、地域や薬局によって違います。

例えば、薬局と診療所で医師や看護師、薬剤師、ケアマネージャー、ヘルパー、保健師などの医療関係者と共にケアカンファレンスを実施します。ケアカンファレンスとは患者さんのケアプランを作成する時に、その関係者が集まって各々の立場から意見を述べる会議を言います。薬剤師も薬の専門家として参加するようになります。他には地域内で健康教室を行なったり、健康関係のイベントにお手伝いしたりします。さらにまだまだ取り組まれている所は少ないですが、患者さんの自宅や施設への訪問服薬指導や、終末期患者さん、重症患者さんへのサポートなどを執り行う所も出てきています。

特に在宅看護や介護の施設などでの服薬指導、介護関係者への意見を述べる事などは、高齢化社会に置いて、大きな役割を担うと言われています。これからもっとたくさんの薬剤師が地域と連携して介護に関わっていくでしょう。地域医療に取り組むことで、さらにコミュニケーション力や個別対応力を備えた薬剤師を求められ、薬局では薬剤師の育成に力を入れる所も多くなります。さらに深夜や休日、遠方対応など地域のニーズに答える形の組織を地域と薬局で作っていく事が必要になってきます。今までは薬を調剤したり、服薬指導など薬剤師としての役割が決まったりしている部分もありましたが、これからさらに地域の人の健康のお手伝いを医師や介護士のようにお手伝いする役割が出てきます。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.