薬局薬剤師と病院薬剤師の比較

薬局薬剤師と病院薬剤師の比較

薬局薬剤師と病院薬剤師では経験できることが違いますし、給料や勤務体制など様々な点で違いがあります。その為に薬局薬剤師と病院薬剤師のどちらが良いのか悩む方もいるでしょうが、その答えは今後のキャリアプランや状況により違ってきます。就職や転職を考えるにあたって薬局薬剤師と病院薬剤師の比較をしておくことも大切です。

仕事についての薬局薬剤師と病院薬剤師の比較ですが、薬局薬剤師の主な業務は調剤業務と患者に対する服薬指導で、その他にも疑義照会やカルテの整理などがあって薬剤師として幅広い経験を積むことができます。ただ薬局の規模にもよりますが、一般的に薬局で取り扱う医薬品は種類や数が膨大ですし、新薬も増えていくために日々勉強が必要です。しかし、その分薬剤師として得られる知識もたくさんある仕事内容なので、転職する際には有利に働く可能性もあります。それから薬局薬剤師は医薬品に関する知識や技術だけでなく、患者とのコミュニケーション能力が必要な仕事で、患者とのコミュニケーションにより得られる経験も多いです。

一方の病院薬剤師の主な業務は調剤室での調剤で、大きな病院の場合には調剤に追われるということも少なくないです。また患者に対する服薬指導も行いますが薬局薬剤師と比較すると少ないので、医薬品には接触するけど患者との接触は少ない仕事内容と言えます。ただ病院薬剤師の場合は注射製剤を扱うことになりますし、医師のカルテを直接閲覧する機会もあるので実務として勉強することができます。それから病院の方が研修体制が整っているケースが多くて、最新研究資料に触れられるなど専門性の高い知識が得られる可能性が高いです。

給料や勤務体制での薬局薬剤師と病院薬剤師の比較としては、病院薬剤師の勤務体制は夜勤があるなどハードワークになりますし、自分の都合に合わせて休暇を取得するのが難しいです。それに対して薬局は夜勤はありませんし、比較的ハードワークになることは少ないです。また給料の面では病院薬剤師より薬局薬剤師の方が高くなる傾向にあって、給料の良さや仕事とプライベートの両立を考えると薬局薬剤師の方が良いと言えます。ただ薬局薬剤師と病院薬剤師の比較をしても分かるように、それぞれメリットとデメリットがあるので、その両方を理解して比較検討して選択することが大切です。それから先に述べたように、今後のキャリアプランや状況を考慮することも必要と言えます。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.