薬局薬剤師の自己PR

薬局薬剤師の自己PR

履歴書や職務経歴書に記載しますし、面接時に聞かれることも多いのが自己PRで、採用を勝ち取るためにも重要なポイントになる要素です。この自己PRというのは、今までの職務内容や実績などを具体的に説明すると共に、自身が考える薬局薬剤師の心構えを伝えアピールするものです。ただし、自分が書きたいことを書きたいように羅列するだけの内容だったり、単に自慢話をしているようなイメージを相手に与えたりしては自己PRとしての意味がありません。採用者側はどのような能力のある人材を求めているか、今までの経験やスキルをどのように活かせるか、即戦力として活躍できるのかなどを考えて、他の薬剤師との差別化できる薬局薬剤師の自己PRを考えることが大切です。そうすることで、採用を勝ち取る効果的な薬局薬剤師の自己PRにすることができます。

特にどのような能力のある人材を求めているかを意識することは大切で、どの職場でも共通して重要視されるのがコミュニケーション能力と人間性です。薬局薬剤師は患者に近い存在であり、それと共に患者と医師の橋渡し役としての存在もあります。その為に、薬剤師としての調剤技術だけではなくて、相手の意図を理解すると共に自分の伝えたいことを的確で分かりやすい言葉で表現することが必要です。それは患者に対してだけでなく医師や同僚にも言えることで、それにより円滑な業務の推進が可能になるので、コミュニケーション能力があることをしっかりと自己PRできるようにしておくことです。また採用する側は、問題や課題に対して冷静で的確な対処ができる人間なのか、自ら考え行動し改善できる人間なのか、誠実で信用できる人間なのかなど人間性を読み取ろうとします。薬局薬剤師として求められている人間性を持っていることを自己PRできるように考えておくと良いです。

コミュニケーション能力と人間性を自己PRできる例として、薬嫌いの子供がいたので親に対して様々な飲み方を提案して、それにより嫌がらずに子供が薬を飲む方法を見つけることができたというのがあります。このように話すことで、薬局薬剤師として患者への服薬指導にがんばったと話すよりも具体的に伝えることができます。また、患者のコンプライアンス不良を減らす服薬指導を目指したい転職目的に、その経験からつなげることも可能になります。このように薬局薬剤師の自己PRは具体的に伝えることが大切で抽象的で分かりにくい自己PRはNGと理解して、コミュニケーション能力と人間性を説得力ある言葉で伝えられる薬局薬剤師の自己PRを考えることです。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.