薬局薬剤師の常駐の求人

薬局薬剤師の常駐の求人

薬局薬剤師の常駐の求人は増えています。法律で薬局に薬剤師を置くことが義務付けられたからです。2009年度からこの制度は始まっています。常駐するのは薬を買いに来た人に薬の効果や副作用を説明するためです。薬局には調剤薬局と薬の販売を中心にする薬局がありますが、そのどちらにおいても常駐が求められています。2009年に定められたのは後者の方で、求人は増加傾向にあると言えるでしょう。特に地方にあるドラッグストアで数が不足しているといわれています。都市部では過剰になっている地域もありますが、一定数の募集はあります。特に全国規模のドラッグストアが採用に積極的です。

一般薬用品は第一類、第二類、第三類に分類されます。この3つを販売できるのは薬局、店舗販売業、配置販売業のみになっています。特に第一類を販売するときは、薬剤師の対面販売が必要で書面を使って情報を提供しなければなりません。第一類の薬の中にはその服用により生活に支障が出る可能性があるものもあるので、薬剤師の情報提供は非常に重要です。第二類、第三類の薬品販売にも、薬剤師の常駐が求められています。第三類の場合は購入者の希望がなければ、情報提供をする必要はありません。しかし必要があれば、副作用についての不安を和らげるのは薬剤師の大切な仕事です。

このタイプの仕事は日本全国で募集されています。募集が特に多いのは調剤薬局や調剤を併設したドラッグストアの仕事です。正社員の仕事が多いですが、パートの仕事も見つかります。常駐というキーワードでは検索で絞り込めないことがあるので、正社員というキーワードを使うと見つけやすいかもしれません。常駐の仕事といっても残業や夜勤があるところは少ないです。朝の9時ごろから仕事が始まり、夕方には終わる職場が多いです。

薬局薬剤師の常駐の求人を探す時は、転職サイトをフルに活用しましょう。働きながら転職先を探すのは容易なことではありませんが、転職サイトに登録しておけばサイトがあなたの代わりに仕事を探してくれます。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師といった大手のサイトには驚くほどたくさんの求人情報が集まっているので、あなたにぴったりの転職先がきっと見つかります。年収や勤務時間の交渉を自分でするのは大変ですが、キャリアコンサルタントに頼めば大丈夫です。責任を持ってあなたにプラスになる条件を引き出してくれます。登録やサービスの利用にお金はかかりません。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.