漢方薬局の薬局薬剤師の求人

漢方薬局の薬局薬剤師の求人

漢方薬は現在、見直されています。即効性のない薬と思われていた漢方薬の薬効が明確になり、医療の現場で広く使われるようになりました。例えば半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)はうつ病の治療に使われたり、抑肝散(よくかんさん)は認知症の治療に使われています。全国的な規模でみると漢方薬局の数は少ないですが、そこで働く薬剤師の求人は増えています。漢方薬局といっても特別なことをするわけではありません。調剤の仕事がメインになります。ただし生薬や煎じ薬を取り扱うので、そういったものに関する知識を身につけなければなりません。

漢方薬局の薬剤師の給与や勤務時間は普通の調剤薬局と同じのことが多いです。年収は400万円台から600万円台、勤務時間は朝から夕方までというところが多くなっています。この種の薬局には2つのタイプがあります。漢方しか取り扱わないところと、西洋薬も取り扱うところです。求人の傾向でみると半々といったところで、漢方の経験がない方は西洋薬も扱うところにまず入ったほうがよいかもしれません。そこで漢方の勉強をして、専門のところに移れば仕事がしやすくなるでしょう。漢方は奥の深い世界で、長い時間をかけてじっくり勉強する必要があります。西洋薬にくらべて副作用は少ないですが、深刻な副作用を起こす可能性のある薬も存在するので、一つひとつの薬に精通する必要があります。

漢方薬局で働く時は薬の知識だけではなく、患者さんとのコミュニケーションも重要になります。漢方を処方するときは、患者さんの体質を詳細に調べなければならないことがあります。また一般の患者さんにはなじみのない薬も多いので、不安を持つ患者さんや薬に関する質問をする患者さんもいるでしょう。そんな時に患者さんとの信頼関係を構築して、薬のことを話していくにはコミュニケーションのスキルが必須の条件になります。転職の際の面接では患者さんとのコミュニケーションが得意であることをアピールした方が、採用されやすいでしょう。

漢方薬局の薬剤師の求人を一番探しやすいのは専門の転職サイトです。このタイプの仕事や専門的なものですが、専門のサイトなら求人情報を集めています。都市部だけではなく、地方の求人も集めているので地方の方も使いやすいです。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師といったサイトを使うと、このタイプの仕事は必ず見つかります。希望する条件を指定して仕事を探すことも可能です。仕事が見つからない時は、キャリアコンサルタントに頼んで探してもらうことも可能です。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.