薬局薬剤師の薬の説明

薬局薬剤師の薬の説明

薬局薬剤師の仕事とは、医師が発行した処方箋に基づいて、調剤をして患者さんへの服薬指導や薬の説明を行います。患者さんの一人一人にキメ細かい服薬指導をすることや薬歴を監視すること、薬歴に基づき処方された薬との副作用などの情報の提供や指導などです。

薬歴とは、病院でいうカルテにあたり、患者さんの一人一人の過去に処方されたお薬や調剤されたお薬、今までに副作用が出たお薬、アレルギー体質などの記録がされている物です。お薬を使用する場合に注意することが記録されていて、薬剤師が調剤をする際にはこの薬歴を見ながらお薬の飲み合わせに問題はないかや重複している薬はないかなどを確認をしていきます。
そして薬局薬剤師は、お薬について患者さんに理解をしてもらうために薬の作用や、飲み方、注意する点などの服薬指導は薬剤師に最も求められている業務の一つです。処方箋に従って調剤した薬を患者さんにただ渡すだけでなく、きちんと正しい情報を合わせて薬を渡すことが薬の意味を持つことになります。

正しい情報というのは薬を飲む服用時間や服用量といった基本的な情報はもちろん、保管方法や他の医師にかかる時の注意点、その薬を服用した際に起こりうる情報などを伝えます。薬の服用によって尿や便の色が変わることがある場合、それらを正しく患者さんへ伝えることで患者さんに不安を与えることのないようにしなければなりません。

最近はお薬手帳を発行している調剤薬局も多くあります。服薬しているお薬の情報が記入してあり、その手帳を見れば受診日時や、医療機関名、医師名、薬の種類や、投与量、処方された日数、気を付ける副作用などの注意事項が分かるものでシールになっている場合もあります。このように調剤薬局は、患者さんに解りやすい服薬指導や安心して薬を服用してもらえるような工夫が大切です。

薬の説明などをする場合、患者さんの中には薬の説明し過ぎなどでうんざりする方もいるかもしれません。薬だけ受け取ったら早く帰りたい人もいます。薬局薬剤師の仕事は、接客業という側面もあり常にこうした患者さんの立場に立った対応も必要とされます。薬局の看板となる薬剤師は調剤や、単なる薬の説明だけでなくコミュニケーション力も必要ともいえます。
薬剤師が薬の説明の意味とは、医師に聞きづらい患者さんの不安を聞き取ること、患者さんと直接かかわることで大きな信頼をいただける薬剤師、健康を守ってくれる存在としてやかかりつけ薬局としても地域との結びつきを持つ役割りになっています。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.