薬局薬剤師の面接対策

薬局薬剤師の面接対策

薬局に転職する際には面接が行われて、自己PR・具体的に経験した業務内容・志望動機などに関して容赦なく質問されるので、非常に緊張する部分です。また、書類審査が通過しても面接で不採用になる可能性があるので、少しでもリスクを軽減するためには、一般常識を踏まえて最低限のマナーを守ることです。清潔感のある身だしなみ、丁寧でやさしい言葉遣いと態度などを心がけることです。面接は自分を知ってもらう最大のチャンスとポジティブな気持ちを持って、実際の業務しているイメージで臨むと良いです。これが総合的な薬局薬剤師の面接対策と言えます。

では、具体的に薬局の面接対策はどのようにすれば良いのかというと、やはり明るく積極的な姿勢をアピールすることがひとつです。薬局における業務は調剤業務だけでなく患者に対する服薬指導や相談業務があって、患者に対して前向きで明るい姿勢で接することが求められます。その為、面接時は明るくハキハキした応対を心がけると共に、自信と確信のある受け答えをすることが大事です。

比較的大きな薬局であっても数人程度で勤務する閉鎖的な職場環境で仕事をするために、共に働くスタッフとの人間関係に関する問題が起こることも少なくありません。その為、共に働くスタッフとの協調性やコミュニケーション能力が重視されます。資格を取得している時点で調剤に関する知識やスキルは備えていると判断されるので、相手の人柄や性格を重視して患者やスタッフと上手に接することができるコミュニケーション能力をアピールすると良いです。

面接でよく質問されるのが退職した理由で、それに対して正直に話すことで逆に印象を悪くする可能性があるので注意が必要です。特に退職理由が前の職場での人間関係のトラブルや不平不満だった場合に、全てを話すと患者のデリケートな病気や体調を管理する職場にはふさわしくないと判断されてしまいます。何でも正直に話すことが正解ではないことを理解して、ポジティブに受け取れる理由を考えておくことが面接対策として必要です。それから志望動機としてスキルアップやキャリアアップを考える方も多く、ポジティブな理由として受けが良いと考える方も少なくありません。しかし、自分勝手な内容になってしまっては採用側にメリットが感じられなくて、不採用になるケースもあることを知っておく必要もあります。薬局のホームページなどを確認した上で、自分と採用側の両方が良かったと感じられる志望動機を考えておくと良いです。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.