薬局薬剤師の魅力

薬局薬剤師の魅力

薬局薬剤師と聞いてまず思いつくのは、薬局とかドラックストアがあります。ではこの薬局とドラックストアですが、薬局薬剤師としての仕事を考える場合、それぞれの違いについても知っておく必要があるでしょう。

薬局は医療用薬品を取り扱えますので、処方箋に基づいた調剤をすることができ、調剤室があります。医療用薬品とは医師が作成した処方箋をもとに薬剤師が調剤したもので、薬価が国によってきめられています。それに対しドラックストアは、大衆薬品の販売しかできません。大衆薬品とは製薬会社が開発して薬局や薬店に卸したもので、患者が自分で選んで購入することが出来ます。そのため、薬局薬剤師とは調剤を行うことが主な業務となっています。

薬剤師が薬局で行っている業務とは医師の処方に基づいた調剤だけではなく、患者さんが複数の医療機関で診療を受けている場合、薬の併用によって起こりうる副作用のチェックや、処方された薬の飲み方、副作用について患者さんに説明するという重要な役割もしています。それらを敏速かつ、適正に行わなければならないため、薬剤師には豊富な薬学知識も求められます。

薬局薬剤師の魅力は、薬剤師らしい薬剤師としての仕事ができることや薬や処方箋に詳しくなれることや、病院で働く薬剤師にくらべて患者さんとのコミュニケーションをとれる点にあるでしょう。

また的確な服薬指導を行うためには薬剤に関する知識だけでなく、患者さんにわかりやすく情報を提供するコミュニケーション力が求められます。直接患者さんとかかわりが持てる職場のため患者さんとの対話をじっくり行うことが出来ます。患者さんやご家族の声をダイレクトに聞き、不安の解消、問題解決など薬剤師の知識を持って患者さんの健康のためのサポート役として役立てることに誇りをもてるほか、薬剤師としての存在意義が実感できる職場です。

ひとくちに薬局薬剤師といっても、病院前の門前薬局や街中の調剤薬局などあり、企業や店舗により仕事の内容も異なります。調薬がメインの仕事になる場合や調薬と服薬指導の両方の仕事になる場合です。

給料や待遇、休日なども各企業により異なりますが、薬局薬剤師の年収は350〜650万円が相場となっており、病院などの調薬よりも年収が高いです。そして、薬局薬剤師の求人も比較的多いため、出産や育児で退職してしまった薬剤師さんでも自分のライフスタイルに合った働き方ができます。パートタイムでの就職の場合、一般の職種に比べて時給も高い面も魅力です。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.