薬局薬剤師の仕事内容

薬局薬剤師の仕事内容

薬局薬剤師の仕事は大きく分けると、「薬剤師に特化した業務」と「薬局という店舗業務」の二つがあります。

薬局薬剤師に特化した仕事は下記の通りです。

@処方箋に従って調剤をする:医師の処方箋の調剤業務は薬剤師の基本業務。この業務は健康保険の適用が多いためレセプトが発生します。

A来店の患者に症状を聞き適した市販薬を販売する:例えば風邪であれば、初期なのかこじらせているのか、喉が痛いのかなど、医師の診断業務にあたる間診を行うことで投薬を決めます。

B来店の患者に適した薬の調剤をする:薬歴など確認の上、患者固有の調剤を行います。比較的、漢方薬局などで需要が高いようです。

C調剤や一般薬の効能の説明をする:医師の行うインフォームドコンセントにあたります。

D服用上の注意を与える:食後食間食前の注意だけでなく、服用時の水分の種類にも言及します。

E薬歴から該当薬の「飲み合わせ」を確かめる:一般に市販薬は効き目が緩やかですが、調剤薬は飲み方や飲み合わせによっては、極端には「毒」にもなりかねません。持病薬を服用している場合は細心の注意が必要です。

F一人一人の薬歴カルテを作成する:このカルテを元に患者には「薬歴カード」を渡します。

G市販薬の情報の確認:世界では毎日のように新薬が発表され発売が許可されているといいます。薬局薬剤師でなくても情報のキャッチは必要な業務です。

H調剤原薬の情報の確認:世界では日々新しい薬が発見・生産されています。薬の最先端の情報をキャッチします。

I正しい方法で医薬品を保管する:薬には食品と同様賞味期限があります。また保管には、適切な湿度や光・温度があります。

J医薬品やその他の商品の在庫を確認する:調剤のためだけでなく販売用の在庫の確認をします。

K医薬品や調剤用医薬品の仕入れ数を担当者に報告する:薬剤師が発注する場合もあります。

Lレセプトの作成:健康保険利用の場合はレセプトが店舗の売上げになります。
M設置基準許可書の「作成と届け出・更新」業務:管理薬剤師の場合はこの業務も薬剤師に特化した業務です。

このほか、薬局は店舗ですから、接客はもちろん店内のディスプレーなどの店舗業務も加わります。

以上のように薬局薬剤師の業務は大変多彩です。法改正後、地域に根ざした「薬局」は新体制でスタートしたばかりですが、「医薬分離」をめざす行政の意図を背景に、新しく医療の一端の担い手としてその存在と方向性が注目されています。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.