薬局薬剤師の将来性

薬局薬剤師の将来性

薬局薬剤師の将来性に対して、今後も同様に安定した職種として維持されるのか不安を感じている薬剤師も少なくありません。それは、厚生労働省の試算結果により薬剤師飽和時代と言われはじめていて、今後薬剤師を取り巻く環境が大きく変化すると予想されているからです。しかし現在でも大手調剤薬局チェーンやドラッグストアは着実に店舗数を増やしていますし、調剤薬局を併設するドラッグストアも多くなっています。このように調剤薬局やドラッグストアが増えるということは、そのまま必要とされる薬剤師数も増加するということで、大手調剤薬局チェーンやドラッグストアでは薬剤師の確保が当面の課題になっています。それから地域による薬剤師数の格差があって、まだ地方では薬剤師不足が続いている現状にあるのです。あくまで試算結果によるもので多少の変化はあるにしても、現状では薬剤師が不足している所も多く、少子高齢化社会などによって今後も薬剤師は必要とされていくことは確かです。

ただし薬局薬剤師の将来性を考える上で、薬剤師が社会から必要とされる存在かどうかがポイントになってきます。日本も高齢化社会が急激に進み医療費が増加し続けていて、その為に社会が求める薬剤師像にも変化が起きてきています。それは、薬剤師が専門性を高めてセルフメディケーションで重要な役割を果たして欲しいという要望です。その為には、セルフメディケーションの役割を担う責任の重さに対応できる専門知識と、臨床能力を持った高レベルの薬剤師養成が必要不可欠になります。社会が求めるレベルに到達した薬剤師になることが、薬局薬剤師の将来性を決めると言っても過言ではありません。

今までは薬剤に対する知識があって薬剤師免許があれば良いと言った状況だったので、臨床能力の育成をしてこなかった点がありました。その点を反省して現在では6年制薬学部になりましたし、社会が認める臨床能力の教育に大学でも取り組んでいます。現役の薬局薬剤師も同様に能力を高めていく必要があるので、研修や教育制度が整っている薬局でキャリアアップする必要があります。もし現在の職場が成長するために不十分と感じるのなら、薬剤師キャリアを高められる職場への転職を検討してみるのもひとつの選択肢です。薬局薬剤師の将来性を決めるのは自分自身のキャリアであり社会が必要とする薬剤師に成長することと認識して、客観的な視点からキャリアアップできる環境を求めることも必要なことです。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.