薬局薬剤師とは

薬局薬剤師とは

2006年の「薬事などの法改正」で、調剤を行う薬局は「医療提供施設」となりました。これにより、薬局は「調剤」という医療を提供する場所となったのです。

ちなみに医療を提供する施設には厳しい設置基準が設けられています。一般ユーザーが知っておきたい設置基準は、薬局の名称が「薬局開設許可を受けた店舗」でしか使用できないということでしょう。つまり、薬剤師がいない店舗や調剤室がない店舗は「薬局」という名前の使用が禁じられているのです。もちろん薬局では、調剤という「医療を提供すること」だけでなく、一般用医薬品(市販の薬や医療機器)や一般雑貨の販売も許可されています。

以上の事から薬局薬剤師とは、薬局を経営する薬剤師や、薬局に勤務する薬剤師のことを指します。

また法律で「薬局」の名称が許可された薬局には、@保険薬局、A基準薬局、B病院内の薬局があります。

@保険薬局:健康保険が適用される薬局のことです。具体的には、医師が処方した処方箋の調剤を行う薬局のことで、病院の施設外に設けられている薬局になります。病院の周辺や隣接された場所であることが多いようです。

A基準薬局:日本薬剤師会で認定された薬局のことです。法改正により、院外薬局で処方箋の調剤が可能になりましたが、どの薬局を選んでよいかの基準とするため設けられました。日本薬剤師会が設置した基準を満たし、各都道府県の日本薬剤師会の認定を受けることで使用できる名称です。

B病院内薬局:従来からある診療所や病院内の薬局のことです。院内薬局の名称は、正確には「調剤所」と呼ばれる施設ですが、該当の病院医師の処方箋による調剤しか行えません。また他の一般医薬品や一般の医薬品、医薬部外品などの販売をすることは禁じられています。法改正で「医薬の分離」が進められていますが、それでも院内に「調剤所」を残しているのは、入院患者に対応するためのほか、外来患者に対しては夜間深夜の緊急需要に対応するためのようです。

ちなみに薬局が院外に出たことで、いわゆる一般の薬局で、「深夜早朝・休日・祝日」に対応する動きが見られるようになりました。病気や怪我は発症の「時と場所」を選びません。店舗によっては「緊急連絡先」を表に張り紙するなど、「年中24時間」対応の姿勢がとられ始めているのです。地域の医療の一端を担う、これからの「薬局」の使命を示唆した動きとも思えます。万全の社会生活のためには「専属の弁護士・医師・会計士がいること」でしたが、これに「専属の薬局」が加えられる時代が到来しているようです。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.