東京の薬局薬剤師の求人

東京の薬局薬剤師の求人

薬局のあり方が大きく変化しています。この背景には、薬事法などの改正があります。それまでの薬剤師の仕事が、職域や業務において大きく輪を広げているのです。これまでの「薬のプロフェッショナル」としての薬剤師から、臨床薬学治療の専門化として再スタートしたといっても過言ではありません。

なかでも薬局薬剤師は、それまでの薬剤師に特化した業務だけでなく、法改正で明文化された専門の業務全てを担う仕事内容となりました。医師の作成した処方箋を正確に作成する調剤、OTCの知識はもちろん、新薬や新原薬の情報と知識、「飲み合わせ」や「食い合わせ」、予防医学の素養と栄養学などの能力が求められているのです。

さらに薬局という店舗では、訪れる顧客との高いコミュニケーション能力、一人一人の人間を大切に慈しむ精神などなど、高度な接客能力と店舗従業員としての能力も必要です。薬局薬剤師の業務はこんなにも多種多様で、対応する薬剤師にはオールマイティーな人間性も求められているのです。

こんな薬局薬剤師ですが、肝心の求人はどうなっているのでしょうか。情報が全て集まる東京の求人情報を見てみましょう。

転職サービス会社の求人情報をまとめると、求人が最多なのは薬局という数字が出されています。店舗数は首都圏のなかでも23区の特別区が求人層が厚くなっています。とはいえ、都下のすみずみから求人はあり、希望する地区への転職は比較的可能なようです。ちなみに薬局薬剤師の求人は全体の20%弱と、意外に少ない数字でした。

一方、募集側の感触はどうなのでしょうか。

法改正直後からの「薬剤師探し」のフィーバーは終息し、「これからの薬剤師は量よりも質」と言い切る薬局店主も少なくないようです。「調剤だけが出来る薬剤師はダメ」、「OTCだけでもダメ」、「まして未経験の薬剤師はもっとダメ」と厳しい意見が続出です。

上記の薬局薬剤師の仕事内容から分かるように、業務内容は多岐にわたっています。加えて、これからの薬局が地域に根ざし、地域医療の一端を担う役割を持っているため、これらに柔軟に対応できる薬剤師が求められているのです。

これまでの「転職すれば収入が増える」という神話は終わり、薬剤師としての知識と技術を深め、スキルをアップし、薬学だけでなく予防医学・栄養医学まで視野に入れた新しい薬剤師像が見え隠れします。

薬局薬剤師の求人は多いが、その内訳の「店主が求める薬剤師像」はこれからますます厳しい「目」になりそうです。

薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師求人サイトランキングの2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬局薬剤師求人ランキング【※人気求人サイトランキング】 All Rights Reserved.